top

ご挨拶

  • わたしたちは昭和40年4月の会社設立以来、ガラスびんを取り扱う仕事を中心にして業務を展開して参りました。
  • 特に、ガラスびんの検査や梱包については、長年にわたる経験に基づき、お客様から求められる高い作業品質を保持していると自負しています。
  • ご承知のように、ガラスびんは割れやすく、傷つきやすい素材ですので、作業に当たっては高度な習熟とチームワークが必要となります。そういう意味で、私たちの会社を支えているのは現場で仕事をしてくれている人たちで、人材こそが私たちの会社の財産です。
  • 人が安心して働けない職場では、壊れやすいガラスびんを取り扱うことはできません。
  • ですから人が働きやすい職場環境を作るということを最優先課題にして日々業務を遂行しています。
  • ガラスびんは資源として繰り返し利用できる容器であり、地球にやさしい環境優等生です。
  • また、透明感の高い製品は美しく、見る人の心をひきつける魅力も有しています。
  • わたしたちは、日頃の生活になくてはならないガラスびんを社会に送り出す仕事の一端を担っており、そのことに強い誇りを持って仕事に取り組んでいます。
  • これからも社会で求められるガラスびんをより多く送り出せるよう、さらに前進して参ります。

関急倉庫株式会社
代表取締役社長  菅野 耕一